第9巻 479P 和語灯録 了恵輯緑

No. 詳細情報
a01 る事をえたり。しかるにわれら罪業をもしといへと
a02 も五逆をはつくらす。行業をろそかなりといへとも
a03 一聲十聲にすぎたり。臨終よりさきに彌陀の誓願を
a04 聞得て。隨分に信心をいたす。されは下品まてはく
a05 だるべからず。中品は小乘の持戒の行者。及世間の
a06 孝養父母仁義禮智信等の行人なり。この品には中
a07 なかにむまれかたし。小乘の行人にもあらず。また
a08 たもちたる戒もなけれはわれらか分にあらず。上品
a09 は大乘の凡夫。菩提心等の行なり。菩提心は諸宗を
a10 のをの其意へ同じからず。淨土宗の意は。淨土にむ
a11 まれんとねかふを菩提心といふ。又念佛はすなはち
a12 これ大乘の行なり。無上功德なり。しかれば上品往
a13 生は手をひくべからず。又本願に乃至十念とたて給
a14 ひて。臨終現前の願に大衆に圍繞せられてその人の
a15 まへに現せんとたて給へり。中品は聲聞衆の來迎。
a16 下品は化佛の三尊。あるひは金蓮花等の來迎なり。
a17 しかるを大衆に圍繞せられて現せんとたて給へる本
b01 願の意趣は。上品の來迎をまうけ給へり。なんぞあ
b02 なかちにあひすまはんや。又善導和尚。三萬已上は
b03 上品上生の業との給へり。數遍によて上品にむまる
b04 へし。又三心につゐて九品あるへし。信心によて上
b05 品にむまるへしと見えたり。上品をねかふ事は。わ
b06 か身のためにはあらず。かのくににむまれをはり
b07 て。かへりてとく衆生を化せんかためなり。これあ
b08 にほとけの御意にかなはさらんや。次に阿彌陀經
b09 は。まつ極樂の依正の功德をとく。これ衆生の願樂
b10 の心をすすめんかためなりのちに往生の行をあかす
b11 に。少善根をもては。むまるる事をうべからず。阿
b12 彌陀佛の名號を執持して一日七日すれは。往生する
b13 事をうとあかせり。衆生これを信せさらん事ををそ
b14 れて。六方にをのをの恒河沙の諸佛ましまして。大
b15 千に舌相をのへて證誠し給へり。善導釋していは
b16 く。この證によてむまるる事をえすは。六方如來のの
b17 へ給へる舌。ひとたひ口よりいてをわりて。ながくく