第19巻 171P 華頂誌要 華頂山編

No. 詳細情報
a01 叡空上人より禀承す。加之、日夜報恩藏に入りて一
a02 切經を披閲し、自佗宗の章疏研尋せすといふことな
a03 し。其性の俊秀なる、難解の書と雖も三讀すれは文
a04 義自から通暢す。此を以て早く一代の敎旨に達し、
a05 悉く八宗の要領を得たまへり。
a06 保元元年割注二十四歳割注叡空の室を辭し、求法を嵯峨淸凉寺に
a07 祈り、尋いて諸宗の碩學を歷訪して、其蘊奧を叩き、
a08 自解の分齊を述ふ。法相の藏俊、三論の寬雅、華嚴
a09 の慶雅等、皆其造詣の深きを嘆賞せさるなし。
a10 かくて大師智惠第一の譽街に滿ち、多聞廣學の聞世
a11 に普しと雖も、尚ほ自ら三學の器に非さるを覺り、
a12 出離の道に煩ひて寢食安からす。順次解脱の要路を
a13 知らんか爲に、再ひ黑谷に籠居し、周覽年を積み一
a14 切經を披閲し給ふこと五遍。特に善導和尚の疏釋を三
a15 讀して、『觀經散善義』の「一心專念彌陀名號、行住
a16 坐臥不問時節久近、念念不捨者、是名正定之業、
a17 順彼佛願故」の文に至り、豁然として、彌陀大悲
b01 の救濟は釋尊出世の本懷にして、凡夫解脱の捷徑は
b02 念佛往生の一門に在りと決擇し、立地に顯密の行業
b03 を閣き、專修念佛の一行に歸し、日課稱名六萬遍の
b04 行者となり給へり。割注建久十年更に一萬遍を加ふ割注時に 高倉天皇承安
b05 五年三月壽四十三。之を淨土開宗の紀元とす。
b06 是に於て山を下り、庵を洛東吉水の邊割注當山御影堂の地割注に結ひ、
b07 專ら淨土の法を演へ、念佛の行を勸めたまふ。機縁
b08 の熟するところ化導日に盛にして歸するもの雲霞の
b09 如し。
b10 然れども諸宗の學匠また大師の所立を肯せす。文治
b11 二年の秋大師割注五十四歳割注顯眞法印割注後ち天台座主に補す割注の請に應し、洛北
b12 大原に赴き、諸宗の碩學三百餘人割注明遍、證眞、貞慶、智海、湛斆、永辨、靜嚴等其上首
b13 たり割注と會して、一日一夜論談往復を重ね、具さに念佛
b14 往生の時機に相應せる所以を宣説したまへは、滿座
b15 悉く信服し、「形を見れは源空上人、實には彌陀如來
b16 の應現か」と感嘆しけるとなん。世に之を大原問答
b17 と稱す。是より法運益益開く。