第19巻 170P 華頂誌要 華頂山編

No. 詳細情報
a01 四月七日久米の南條稻岡の庄に降誕したまへり。幼
a02 名を勢至丸といふ。
a03 父時國常に本姓に慢する心ありて、當庄の預所源内
a04 定明の執務に從はさりしかは、定明之を怨み、保延
a05 七年の春、夜陰に乘して時國を襲ひ、深傷を被らし
a06 む。勢至丸時に九歳、小矢を放ちて定明の眉間を傷
a07 く。定明之に由り其發覺せん事を恐れて奔竄す。時
a08 人小兒の勇を嘆して小矢兒と稱す。時國終に臨み遺
a09 命して曰はく。「汝更に敵を怨むことなかれ。皆是前
a10 世の宿業なり。若遺恨を結ひて仇を復せは、其報世
a11 世に盡きがたし。如かす早く出家して我菩提を吊ひ
a12 自の解脱を求めんには」と勢至丸命に服して同國菩
a13 提寺に到り、叔父觀覺に事ふ。觀覺經書を授くるに、
a14 聞く所の事憶持して更に忘るることなし。
a15 久安三年二月割注十五歳割注觀覺狀を具して之を比叡山西塔北
a16 谷持寶房源光の許に送る。狀に云はく。「進上大聖文
a17 殊像一體」と。蓋し小童の俊秀を諷するなり。源光
b01 其非凡を察し、當時の名匠功德院皇圓阿闍梨に薦む。
b02 四月其門に入り、十一月剃染受戒す。割注法名圓明房善弘割注十六歳
b03 の春より天台の三大部を講究し、三年にして業を卒
b04 ふ。惠解天縱殆んど師授に超えたり。阿闍梨感歎し
b05 て、益學業を勵み、圓宗の棟梁たるべしと勸奬する
b06 や切なり。然れとも當時滿山の大衆、多くは加持祈
b07 禱を事として顯榮利祿に耽り、眞摯に佛道を求むる
b08 もの尠く、甚しきは干戈を弄して世の騷擾を釀すも
b09 のなきにあらず。大師深く之を厭ひ、久安六年九月
b10 割注十八歳割注忽ち師席を辭して西塔黑谷に遁れ、 慈眼房叡空
b11 の室に投し、幼稚の昔より成人の今に至るまて、父
b12 の遺言忘れかたくして隱遁の志深きよしを述ふ。叡
b13 空隨喜して法然房源空と名く。黑谷は叡山の別所に
b14 して、閑靜比なく、和漢の聖敎報恩藏に滿てり。叡
b15 空上人は大原良忍の徒にして、圓頓菩薩戒の正統を
b16 繼き、又頗る眞言密乘の達者なり。
b17 大師此に於て戒密二敎を究め、幾ならすして血脉を