第19巻 168P 華頂誌要 華頂山編

No. 詳細情報
a01 華頂誌要
a02
a03 目 次
a04 第 一 開創縁由 第 二 開祖畧傳
a05 第 三 祖德顯彰 第 四 祖忌報恩
a06 第 五 歷代畧譜 第 六 寺門沿革
a07 第 七 知恩院宮 第 八 門葉廣繁
a08 第 九 古文書類 第 十 伽藍興隆
a09 第十一 靈寶什器
a10 第一 開創縁由
a11 洛東の名山華頂の麓、金殿傑閣巍然として海内無雙
a12 の名藍あり。是を吾淨土宗總本山知恩敎院大谷寺と
a13 す。
a14 當山の創立は今を去ること七百三十餘年、圓光大師
a15 法然房源空上人の淨土開宗施化利生に基けり。大師
a16 上人初め比叡山延曆寺にましまして、圓頓菩薩戒の
a17 正統を禀け、徧く顯密の解行に達し、多聞廣學一代に
b01 獨步したまふと雖も、猶ほ其難解難入にして解脱の
b02 捷路と爲すに足らざるを歎き、黑谷の報恩藏に入り
b03 て一切經を披覽したまふこと五遍。終に皇千八百
b04 三十五年高倉天皇承安五年、唐朝善導大師の觀無量
b05 壽經疏によりて、彌陀釋迦二尊の本懷を悟り、頓に捨
b06 聖歸淨の心を决したまへり。時に御年四十三。感悅
b07 の情自から禁する能はす。乃ち叡岳を辭して庵を洛
b08 東吉水の邊即ち當山境域内に結ひ、淨土の宗名を立
b09 てて、熾んに專修念佛の一行を勸め給ふ。德風の薰
b10 する所、朝野靡然として之に歸向し、求道の士女絡
b11 繹として其門に集まる。
b12 抑吉水の地たる、華頂の勝槪を占め、全都を一眸に
b13 收めて遙に西山を望む。眞に是大悲傳普化の好道場
b14 なり。されは他に暫住兼帶の地多しと雖も、獨り當
b15 山を以て多年永住の本處と定めたまへり。是吉水上
b16 人の名を專にしたまふ所以なり。當時大師の住坊三
b17 所にあり。一は西山廣谷の庵室を移せるもの、之を